旧ソウル駅舎

ソウル駅旧駅舎・1925年竣工

韓国の鉄道は1899年に仁川-鷺梁津間が開通、翌1900年に漢江を渡る鉄橋が完成し、南大門駅(現・ソウル駅)まで延伸。南大門駅は1915年、京城駅と改称されました。
赤レンガの駅舎は、当時、東京帝国大学工科大学教授だった塚本靖が設計し、1922年6月着工、当初、24年の完成予定だったが、関東大震災の影響で工期が延びて、1925年9月30日に竣工しました。建築規模は、地上2階地下1階、延床面積6,631m2で、2階に貴賓室と食堂、1階に待合室、地下に駅事務室があったといいます。
1947年11月1日、ソウル駅と改称されました。

KTXの開業を控えた2003年11月、駅舎の南側にガラス張りの新駅舎が竣工し、駅舎としての役割を終えました。
1981年8月25日、韓国の史跡第284号の指定を受けたこともあり、駅舎としての役割を終えた後の2006年、韓国鉄道公社から文化財庁に所有権が移転。2009年4月から改修工事がはじまり、2011年8月9日、ソウル駅の歴史などの展示する「文化駅ソウル284」としてオープン。

文化駅ソウル284

ビザンチン風ドーム側面の窓からホームに自然光を引き込んでいる

 

2017年11月28日から一部が京義線の駅舎となっています。

一部が京義線の駅舎に

関連記事

話題の記事

  1. 3月9日以降、日本と韓国を結ぶ航空路線が仁川ー成田・関空に制限され、旅客便で輸送している郵便物が影響…
  2. 4月20日から韓国の健康保険に加入していない外国人もマスクを購入できるようになりました。 出生年の…
  3. 総合カタログの目的は3つあります。 ・新規取引先開拓 ・既存取引先への拡販 ・社内で製品・サー…
  4. 韓国の食品医薬安全処は9日からマスクの購入について曜日制を導入しています。 韓国の健康保険に加入し…
  5. W フィルハーモニック管弦楽団 2020年マスターシリーズ1
    ♦フランスの名曲に親しむコンサートとチケット割引販売のご案内です。  ♣【プログラム】 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る