3月9日以降、日本と韓国を結ぶ航空路線が仁川ー成田・関空に制限され、旅客便で輸送している郵便物が影響を受けています。

韓国発日本向け郵便物
[取扱い]
EMSのみ
[地 域]
東京(成田)便:関東、甲信越、東北、北海道
大阪(関空)便:関西、中国、四国
※羽田空港、名古屋空港、福岡空港、那覇空港は原則として受付自体を行っていません。

 

青;東京便・配送地域
緑;大阪便・配達地域
赤;受付中断地域

配達日数は、公式には1ヶ月で実際は地域による違いはありますが、10日から15日程度が多いようです。
受付中断地域に発送する郵便物は、青または緑のいずれかに送り、国内郵便または宅配便で転送するほかないようです。

関連記事

話題の記事

  1. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …
  2. いよいよ2月、日系企業の異動が多くなる時期です。 転任の挨拶状のほか、転任・退職に伴う感謝状や…
  3. 在宅勤務が続く方も多いのではないでしょうか。 ほっと一息つきたいとき、日本の味UCCのドリップ…
  4. 確かな日本語 趙成珉(チョウ・ソンミン)社長は日本に留学した経験があり…
  5. 3月9日以降、日本と韓国を結ぶ航空路線が仁川ー成田・関空に制限され、旅客便で輸送している郵便物が影響…

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る