旅客船事故の教訓を忘れないで…

日本でもかなり報道されているとは思いますが、今回の旅客船事故。
あまりの痛たましさに、言葉を失っていました…。

国の対応や船長の行動が明るみに出るにつれ、あまりの非道さに怒りを隠しきれません。
ご家族の方や韓国国民は、それでも希望を持って子どもたちの帰りを待っています。

今全国的に「黄色いリボン活動」が行われています。
そこに込められた願いは「無事に帰ってきて」。

リボンの一つひとつにメッセージが書かれ、
「ごめんね。寒かったろうに。」「いつまでも待ってるから。」「希望を失わないで。」等…
涙なしには語れません。

様々なブログでも、この黄色いリボンのイラストを掲げている方が多くいます。
韓流スターなども続々参加しています。

「ひとつの小さな活動が大きな奇跡を・・・
帰ってくることだけを待って祈り続けています。」

市庁にはこんな垂れ幕が
「ごめんなさい。
セウォル号の行方不明者の無事の帰還と
被害者の皆さまへのご冥福をお祈り致します。」

今回の事故は人為的な事故と言えるでしょう。

乗客よりも先に避難した船長。その後の国の対応。韓国の上層部の腐敗ぶり。
すべてが最悪の事態を起こすべくして起こった事故です。

パク・クネ大統領は「国の恥の日」と発言しましたが、
この国が変わらなければ、またこのような不幸な事故が起こるでしょう。

この教訓…というには、あまりにも大きな犠牲ですが、
それでもこれを機会に、韓国が変わることを願ってやみません。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ blogram投票ボタン

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る