トンコツとスンデクッ

お久しぶりでございますm(__)m ただいま千葉におります。
早く韓国に帰りたいと思いつつ、まだまだ帰れそうにありません。
いつも言いますが、日本にいると不安になるのが食生活。
外食ばかりだと野菜が足りない・・・。この点は本当に韓国、充実してるんですよね。

さて今回、日本ではめったに食べないラーメンを食べました。
私、出身が九州なのでラーメンと言えばトンコツです。
そして注文したのがこちら↓

トンコツラーメンを食べながら、思い出すのが「スンデクッ」。
その写真がこちら↓

この料理は豚の骨を煮込んだスープに煮込んだ豚肉や豚の頭、軟骨、内蔵、スンデクッという名の通り、
スンデが入っている汁物料理で、ご飯や付け合わせと一緒に食べます。
韓国人はご飯をスープにドカッと入れる方が多いです。

さてラーメン好きの方といつも議論になるのが、このトンコツ汁。
私的にはトンコツラーメンもスンデクッもスープは同じじゃないか?と思うのですが、
ラーメン通に言わせると全く別ものだそうです。

確かにトンコツスープは野菜もいっしょに煮込むのでスンデクッとは違うとも思いますが…。
はたして、そう違いがあるのか?と思ってしまうのです…(^_^;)
また、私は麺よりご飯派なので、ラーメンより断然スンデクッが好きで、これもラーメン派には
比較するレベルでもない話だそうです(う〜ん、わからん)

そして韓国は今、日本ラーメンブーム。
こちらは明洞にある日本式ラーメン店のトンコツラーメン。

ラーメンブームではありますが、韓国人には日本のラーメンはちょっとしょっぱいようです。
韓国人の食の好みはスープを重視するので、ほとんどの方がスープまで平らげてしまいます。
なのでスープはおのずと薄味。
料理によっては塩を後から追加するということもしばしば。

さてさて、そんなラーメンとスンデクッ。
日本のラーメン通の方、食べ比べて、ぜひ私にその評価をお聞かせください〜(^~^;)

cozたびこふれ・トラベルコ記者

投稿者プロフィール

企画デザイン&ディレクター。HP企画制作、Gデザイン、イラストなど。
韓国を紹介する仕事やブログを書いて、とうとう17年にもなってしまいました…(遠い目)。そう韓流ブーム以前から韓国をお伝えして来ました。その当時から現在まで、韓国はものすごい勢いで発展してきたと感じています。これからも新鮮なソウルの風景をお届けできたらと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 韓国を代表するカニといえば盈徳竹蟹(ヨンドクテゲ)盈徳(ヨンドク)近海の獲れる蟹の足が竹に似てい…
  2. 3月9日以降、日本と韓国を結ぶ航空路線が仁川ー成田・関空に制限され、旅客便で輸送している郵便物が影響…
  3. 4月20日から韓国の健康保険に加入していない外国人もマスクを購入できるようになりました。 出生年の…
  4. 総合カタログの目的は3つあります。 ・新規取引先開拓 ・既存取引先への拡販 ・社内で製品・サー…
  5. 韓国の食品医薬安全処は9日からマスクの購入について曜日制を導入しています。 韓国の健康保険に加入し…

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る