Hi!ソウルフェスティバル 2013

今年の『Hi!ソウルフェスティバル』は10/2〜6まで開催されています。

「開天節(ケジョンジョル)」(10/3)という祭日もあって、多くの人が詰めかけていました。
「開天節」とは、檀君王倹が古朝鮮を建てたとされる日ですので建国記念日になります。

その「開天節(ケジョンジョル)」に『Hi!ソウルフェスティバル』を見てまいりました〜!
まずは清渓川(チョンゲチョン)広場。

ダンスをやってたみたいなのですが、人垣で全くみえません(T_T)
腕を伸ばして撮った写真。

こちらは、せっっっっっっま〜〜〜〜〜いカフェ。
それでも2人くらいは椅子に座っているようです。
しかも長蛇の列まで作って並んでる…。そんなに美味しいのか?物珍しいのか…?

また、この建物は後ろから見ると「トイレ」となっているのです。
遊び心いっぱいですね(^_^;)

さて夜は、ソウル市庁前広場でのイベント「ピョルピョルファンタジー」。

旧市庁舎の上に人が綱渡りで移動し、チェロリストが演奏。
大重音で迫力でした。

そして、花火〜!

た〜まや〜!(と日本人は言いたくなりますが…)

花火の打ち上げ場所が非常に近いので、すごい迫力。
思わず、「わ〜!!!!」と叫んでしまいました。

こんな狭いところからの打ち上げって難しいのではないかしら?
と思いつつ、見入ってしまいました。

ラストは綱渡りした人が、また綱を使って降りていきます。

10/5には汝矣島での花火大会もありました。
私は、遠く南山から見物。こちらも見応えがありました。

10/6は閉幕式です。こちらも盛大なイベントになると思います。
今ソウルにいる方は、ぜひ御覧ください!

『Hi!ソウルフェスティバル』は毎年開かれています。
韓国旅行に来る際は、ぜひチェックしてくださいネ。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ blogram投票ボタン

cozたびこふれ・トラベルコ記者

投稿者プロフィール

企画デザイン&ディレクター。HP企画制作、Gデザイン、イラストなど。
韓国を紹介する仕事やブログを書いて、とうとう17年にもなってしまいました…(遠い目)。そう韓流ブーム以前から韓国をお伝えして来ました。その当時から現在まで、韓国はものすごい勢いで発展してきたと感じています。これからも新鮮なソウルの風景をお届けできたらと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 韓国を代表するカニといえば盈徳竹蟹(ヨンドクテゲ)盈徳(ヨンドク)近海の獲れる蟹の足が竹に似てい…
  2. 3月9日以降、日本と韓国を結ぶ航空路線が仁川ー成田・関空に制限され、旅客便で輸送している郵便物が影響…
  3. 4月20日から韓国の健康保険に加入していない外国人もマスクを購入できるようになりました。 出生年の…
  4. 総合カタログの目的は3つあります。 ・新規取引先開拓 ・既存取引先への拡販 ・社内で製品・サー…
  5. 韓国の食品医薬安全処は9日からマスクの購入について曜日制を導入しています。 韓国の健康保険に加入し…

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る