知的所有権と著作権

著作権

著作権は思想や感情を表現した創作物で、単なるアイデアは対象とならず、表現であることが必要です。
韓国の著作権法では、言語著作物、音楽著作物、演劇著作物、美術著作物、建築著作物、写真著作物、映像著作物、図形著作物、コンピュータプログラムなどの著作物が例示されています。

著作権は他の知的財産権と違って出願登録は必要とせず、創作をもって保護されます。
保護期間は、2011年の改正で著作権者の死後70年になりました。業務上の著作権は公表から70年です。

著作権に関する条約

外国人の著作権は条約によって保護されます。外国人が最初に韓国で公表した著作物は韓国の著作権法が優先します。日本も同じく条約に加盟しており、日本の著作権法で保護されている著作物を韓国で使用する際にも原則的に韓国の著作権法が優先摘要されます。

関連記事

話題の記事

  1. いよいよ2月、日系企業の異動が多くなる時期です。 転任の挨拶状のほか、転任・退職に伴う感謝状や…
  2. 在宅勤務が続く方も多いのではないでしょうか。 ほっと一息つきたいとき、日本の味UCCのドリップ…
  3. 確かな日本語 趙成珉(チョウ・ソンミン)社長は日本に留学した経験があり…
  4. 3月9日以降、日本と韓国を結ぶ航空路線が仁川ー成田・関空に制限され、旅客便で輸送している郵便物が影響…
  5. 4月20日から韓国の健康保険に加入していない外国人もマスクを購入できるようになりました。 出生年の…

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る